BRAND // ワンズハースとは

〜草原の彼方からの贈り物〜

「ワンズハース」

ウールに草木染めと、自然素材で出来たラグは、からだと地球に優しく最もエコな生活を叶えてくれます。

ナチュラルライフの演出、実用性、受け継ぐ思い出と共に快適な薪ストーブライフを…

暖かな炎の灯る薪ストーブを前に、柔らかいラグに腰をおろし、そっと瞳を閉じる…その瞬間はまさに、遥かな草原と遊牧民の手によって織りなされる特別な時間です。欧米諸国では薪ストーブとその周囲の空間は、親から子へ、子から孫へと受け継がれゆく

 

まさに時を越える贈り物。

 

ワンズハースは100年続く思い出を、薪ストーブのあるハース(炉)ラグからご提案。そして薪ストーブが「誰かのため」の選択肢である限り、
大切なご家族が安全・安心に薪ストーブと過ごせるようハースラグの大切さと人々の優しさを確かな価値としてお届けします。

IMG_9711

ペルシャ絨毯ギャッベのはじまり

イランの遊牧民は知っていました。

賢く、自然と共存しながら

快適に暮らすための術を…。

 

遊牧民が移動しながら拠点としてテントをはる砂漠は、昼と夜の寒暖差がとても激しいため、飼っている羊から毛足の長い絨毯を織ってはテント内に張りつけたり、敷き詰めて夜の寒さを凌ぎ、日中の日照りや湿気を遮断するという使い方をしています。

 

毎日使うものだから、綺麗な状態を長く保てる丈夫なものでなくてはなりません。また給排水で室温調節もでき、使えば使うほど味わいのでるギャッベはまさにこの条件にぴったりだったのです。

ワンズハースポイント
「世界に一枚、手織りの暖かみ」

織り手のイマジネーションと祈りを感じるハンドメイドだからこそのハイクオリティ。ギャッベは現代を生きる私たちに、本物の豊かさを教えてくれます。

 

私たちは、子どもたちに何を教えてあげられるのでしょう。

 

自然と共に生きること、優しさを忘れないこと、人やものを尊ぶ心…ワンズハースではこれらを大切にしています。

 

ワンズハースで取り扱うギャッベはすべて、世界にたった一つの一点もの。それは機械による大量生産では出せない、織り手の想いにこだわっているから。

 

遊牧民が下絵もなく一人ひとりの想像力で描く模様はどれも健康や平和、豊かさを祈ってつくられています。

 

草木染めの優しい色合いで仕上げられたラグは、言葉のいらない教科書です。

織り-1
IMG_9812

ワンズハースポイント
「快適な薪ストーブライフを。」

お手入れ簡単!知られざるウールのチカラ。

 

毎日使うものだから、お手入れが心配…という声を耳にすることがあります。

 

しかし一般的ないわゆるラグとの大きな違いはまさに、ここにあると言ってもいいでしょう。

 

ウール(羊毛)は適度な油分に覆われ、汚れが付着しにくい性質で薪ストーブに最適の難燃性。また「ウールは呼吸する」と言われ、吸放出を行うため夏は湿気を吸い取り、体感温度を下げ、冬は空気を含み柔らかく暖かです。

 

めの詰まりや、きめ細やかさにこだわって揃えているので火の粉や汚れ、ごみが入り込みにくく、週に一度、裏表に掃除機をかける程度でクリーンな状態を保てます。

 

どうしても気になる汚れや臭いがついてしまった場合も安心。専門のクリーニングを行うこともでき、ワンズハースではメンバー様のクリーニング引き受けも承っております。

 

5〜10年に一度クリーニングに出すと、毛がふんわりと立ち、柔らかさも増すと言われ、使えば使うほど、洗えば洗うほどに肌触りが良くなるのも魅力のひとつです。

長持ちの秘訣

ワンズハースで扱うギャッベはイランの羊毛。

 

遊牧民と共に移動し、あらゆる環境に馴染むその羊毛は、

 

コシがありギャッベを編むのに最適です。

手紡ぎの糸

すべてが手づくり。

 

もちろん糸をつくるところから機械は使用していません。

 

そのため少しずつ太さの違い、味わい深いラグとなります。

「洗い」の回数が決め手

草木染めの染色のあと、余分な色と毛を落とすために1回1か月近くかけて行うのが「洗い」という作業。

 

洗いの回数が多いほど埃の心配やお掃除の手間がなくなります。ワンズハースのオーナーランクは6回と、約半年かけて洗われるので色艶も最高の状態で仕上がります。

使うほど、洗うほど美しく

通常のラグは何年か使えばへたってしまい、サラッとした状態をなかなか保てません。

 

ギャッベは踏んで、使うほど柔らかくなり時間の経過やクリーニングによって色も風合いがでます。何と言っても毛足がへたらずサラサラとした使い心地がずっと続くのは嬉しい限りです。